6.Nov.2019株式会社FaMilが感謝祭を開催!

Share on
  • facebook
  • Twitter
  • LINE

ディー・サインと同様にDE-SIGNグループの中核を担う株式会社DSファシリティーズは、社名を「株式会社FaMil(ファミル)」に変更し、日頃お世話になっている方々を招いて、感謝祭を開催しました。

感謝祭では、代表の松丸から、社名に込めた想いや役割をお伝えさせていただきました。

「FaMil(ファミル)」に込められた想い。

FaMilの仕事は、“ファシリティを“みる”〔見る、観る、視る、診る、看る〕ことです。

“ファシリティ”を”みる”で、「ファミル」。

オフィスファシリティ分野において、常に傍らにいて、どんな些細なことでも相談できるかかりつけの医者=Family Doctorのような存在を目指す、という想いが込められています。

FaMilの役割。

オフィスファシリティにおけるPDCAサイクルである「FM(ファシリティマネジメント)の標準業務サイクル」。このサイクルを回すための全プロセスをリード・サポートするのが、FaMilです。

FMの標準業務サイクル

出典:公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会 http://www.jfma.or.jp/whatsFM/ 

オフィスの移転や大規模改修プロジェクトでは、兄弟会社であるディー・サインとタッグを組んでプロジェクトを進めていくことで、運用フェーズでの課題解決や改善を、より的確かつ確実に実現します。

新たなスタートができたことに感謝して。

感謝祭には、100名以上の多くの皆様にご来場いただきました。皆様からの期待を肌で感じることができる機会でした。

代表の松丸曰く、「ご来場いただいた皆様から温かいお言葉をいただき、より一層気持ちが引き締まりました!」

お客様のオフィスファシリティをリード・サポートするFaMilの今後に、ご期待ください!

Share on
  • facebook
  • Twitter
  • LINE